忍者ブログ

ママ&プレママグッズ

ママ&プレママ用、キッズ&ベビー用のグッズを紹介しています♪

[PR]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 07/24/03:33

日本脳炎予防接種、どうされますか?


日本脳炎の予防接種は、、、現在積極的にオススメはしません、、、とたしか、長男の2歳ぐらいのときに聞いたのですが、、、

できるはずの新しいワクチンはまだまだ先になりそうだし。
一応受ける時期が来てしまったいまになって、親の同意書は必要だけど、予防接種してもいいですよ~みたいな情報が、、、

いったいどうなっているのでしょう?

日本脳炎とは、、(Wikipediaより抜粋)

日本脳炎(にほんのうえん、Japanese encephalitis)は、ウイルスによる感染症の一種で、中枢神経の疾患である。感染者の発症率は0.1% - 1%と推定されており、不顕性感染である。
フラビウイルス科フラビウイルス属の日本脳炎ウイルスに感染したコガタアカイエカに刺されることで感染する。
家畜伝染病予防法における監視伝染病であるとともに感染症法における第四類感染症である。

予防接種

日本では、小児期から思春期にかけて計5回の予防接種を実施してきた。
しかし以前より、副作用として急性散在性脳脊髄炎の報告があり、より安全性の高いと考えられる新しいワクチンが開発され認可が見込まれていたので、2005年に厚生労働省が現行のワクチンでの積極的推奨の差し控えの勧告が通知され、自治体によっては接種を一時中止している(感染リスクの高い地域への渡航者など接種を希望する場合の接種は可能)。
今後、新しく開発されたより安全性の高いと考えられるワクチンの製造が認可され次第、接種の勧奨は復活される見込である。積極的推奨の差し控えの勧告が出された時点で、1年程で新しいワクチンでの積極的接種の推奨が再開される予定であったが、臨床試験の段階で新しいワクチンの認可が見合わされ、新しいワクチンによる接種ができるようになるまで2007年第一四半期の時点であと2 - 3年はかかるだろうと言われている。



新しいワクチンが、認可されたとして、それをはい、って受け入れることができるのでしょうか?
今のワクチンで、副作用として急性散在性脳脊髄炎は発症する確率は、、、?

日本脳炎にかかる可能性の高い地域へ渡航される方などは、予防接種はしておいたほうがよい、けれど、副作用のリスクはありますよ、、、ということらしい。

親として、迷うところだとおもいます。

管理者はいろいろ検討した結果、このたび4歳になった長男に、日本脳炎の予防接種を受けさせることにしました。
べつに感染の可能性の高い地域へ行くわけではないのですが。
新ワクチンの認可が見送られたということで、ほんとうに2、3年先、新しいワクチンがうけられるのかどうかも怪しいですし、、もしあの、ハシカのように流行したら、、とおもうと、、、。

ほんとうに各自で自己責任(?)で行うしかないのでしょうね。
受ける、と決めたのはわたしなので、何かあったら、、、、なにかあったらわたしはどこへも何もいえないです。
何もないことをいのってます。

幼少期、2回接種しなくてはいけないのですが、現在のワクチンは数が限られているようで、近くの病院では予約が必要といわれました。
まとめて2回分、最初に予約をして、確保ができてから、接種を開始。
9/21、一回目。
1回目から2回目までは、1週間あければ受けられるそうなので、来週にでも2回目を受ける予定です。
PR


無題


ご参考までに。


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20070914-OYT8T00056.htm

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20070917-OYT8T00083.htm



日本脳炎予防接種


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20070914-OYT8T00056.htm

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20070917-OYT8T00083.htm



コメントの投稿

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック


トラックバックURLはこちら